作業療法士とは?~仕事内容とお給料~

1.作業療法士って何?

作業療法士は、Occupational Therapist(OT)と呼ばれています。
一般的にはOTさんと呼ばれたりしてますね!

OTさんの仕事の対象となる人は理学療法士(PT)と同じく、赤ちゃんから高齢者です。

家事や入浴、着替え、排せつ、地域活動、余暇活動などを含む日常生活全体に関係する機能の回復・社会復帰を目標としています。

歩く、座る、動かすなどの基本的な身体サポートをする理学療法士(PT)に対して、日常の動作を促し、精神面でもサポートします。
遊びやスポーツ、またゲーム、体操、編み物、陶芸、絵画、音楽などもリハビリの一環に取り入れ、幅広い機能訓練を行います。

2.作業療法士はどうやってなるの?

作業療法士の養成学校で3年以上学び、国家試験に合格すると免許が取得できます。
海外で作業療法士の養成学校を卒業した人は、日本の国家試験の受験資格の取得が可能です。

※養成学校=大学・短大・専門学校などがある。

日本では,1965年に理学療法士及び作業療法士法という法律が制定されています。
現在では75,000人を超える人気職種となっています。

3.作業療法士の仕事内容

作業療法士の活躍の場は年々増加しています。
ではOTさんはどのような職場で活躍されてるのでしょう?
下記にまとめました。(足りない部分は補いますのでまた教えてください!)

【医療機関】

総合病院
一般病院
精神病院 ・・・精神科の患者さんの主な精神疾患としては、うつ病、躁鬱病、統合失調症、神経症、心身症、パーソナル障がい、薬物・アルコール等の依存症、認知症、てんかんなどがあります。
診療所
リハビリセンター・・・リハビリを行うことに特化した医療機関

※全体の7割程度の作業療法士は医療現場(病院・診療所)で働いています.病院にはリハビリをするための部屋やスペースがあり、その場所で担当する患者さんのリハビリテーションを行います。

【介護保険関連施設】

地域包括支援センター
老人保健施設
通所または在宅リハビリテーション施設

【福祉施設】

精神保健福祉施設
肢体不自由児施設
身体障がい者福祉センター
児童福祉施設

【その他】

保健所、職業センター、老年期障がい、特別養護老人ホームなど

4.作業療法士の1日

作業療法士の一日

08:20 出勤 、メールなどを確認後職員とのミーティング

08:45 患者さんの朝食後の整容動作

09:00 リハビリスタート!1名につき20分〜40分実施。4名~7名

病棟内でのトイレ動作・更衣動作等の日常生活動作
関節可動域の拡大・筋力の向上・バランス能力の向上など

12:00 昼休み。

PTさんやSTさんと一緒にランチを食べることもあり^^

13:00 リハビリ実施。5〜7名。

午前中と同じように、個別にリハビリテーション・お菓子タイム(患者さんをサポート)
道具やお手玉を用いたリハビリテーション・精神的に不安定な患者様に対しては話の傾聴等

患者様のご自宅へ出向き、家屋評価

17:00 掃除・カルテ記入

17:30 帰宅(日によっていは終業後に勉強会)

5.作業療法士のお給料は?

厚生労働省のデータでは平成28年度では全国の作業療法士の平均年収は約406万円でした。日本の平均年収が約410万円作業療法士として働いている方の4割が20代ということが間違いなく影響していますね!

20代の平均給料は約24万円で、ボーナス込みの平均年収は324万円前後です。

下記は参考です。

【平均年収】

30代男性 450万円前後

30代女性 412万円前後

50歳代(年収のピーク) 男性で600万円前後 女性で500万円前後

6.まとめ

医療機関のリハビリ専門職は、主に理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)です。
超高齢社会の波を受け、これらの職種は若者に人気(女性のリハビリ職も急増)です。

ご高齢の方や疾患のある方がその人らしい生き方をより健康的に過ごすためには欠かせない職業です。
非常にやりがいのあるお仕事ですね!個人的な意見ではリハビリこそ予防的な意味合いで介入すべきものだと考えています。

依存する訳ではないですが、リハビリ専門職がもっと社会に認知され、予防や介入の必要性を世に広めてほしいと考えます。
専門職の方々よろしくお願いします^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。