看護師の年収は高いのか? 病棟・施設・在宅など平均年収は?

1.はじめに

労働の対価としての給与。皆さんはどれくらい頂いていますか?
給与明細書を見ると最近やたらと住民税・年金・保険などがすごく高い!!!と感じるのは私だけでしょうか。

自分の給与のかっこ『5分の1』や『4分の1』まで引かれるともう火の車です。
と、雑談はおいておいて。。。

看護師さんの給与。気になりますよね!
実はこの間、とある看護師さんに給与明細を見せて頂きましたが、その方の給与は想像よりも低かったですね。

やはり、地域・就業場所・内容によってかなり差があるようです。
なので一概には言えないということです。その差などをご紹介させて頂ければと思います!

2.看護師さんはどんなところで働くの?

◎ここでは仕事場の種類とその内容について簡単に記載させて頂きます。

①病院

病棟看護師の仕事は2患者さんの看護を行う臨床の場です。入院設備があるため24時間の体制があります。多くの看護師、実に70パーセント以上の看護師が病院を舞台に看護を展開しています。

仕事内容としては、注射や点滴、ガーゼ交換などの医療処置の他に、ベッドサイドを整えたり、身体を拭いたりといった「身の回りの清潔を保つ」なども行います。

②診療所・クリニック

診療所の定義は入院のためのベッド数が19床以下、そして医師1人以上の在籍が必要です。診療所は、「通院で治療できる日常的な病気を診るところ」といった意味合いがあります。

看護師さんはその診療所の標傍科目(内科・外科など)に対する看護をおこないますが、診療所全般の業務も行うことが通常です。なので会計、受付、院内清掃なども行う場合があります。

③一般企業(産業看護師

産業看護師とは簡単に言えば、企業の保健室勤務です。従業員の健康管理、健康診断に関するデータ管理や保健指導などの業務を行います。
産業看護師は一定の条件をクリアすれば認定を受けることもできます。

④幼稚園・保育園・託児所

ちいさな子たちのけがや病気の応急処置をしたり、健康状態をチェックし、家族と共有をします。

また保育士さんや幼稚園の先生などと共に子供たちのお世話をすることもあります。
基本的に夜勤はありません。

⑤ツアーナース

旅行や研修などに添乗し、参加者の健康管理を行う仕事です働く場所は日本各地から世界の名所まで幅広いです。

学生の合宿や修学旅行の付き添いがそれに当たりますね。3泊で40,000円ほどの報酬が発生します。

⑥イベントナース

スポーツスタジアムやコンサート会場でのお仕事です。単発のお仕事ですね。けが、貧血、熱中症などの対処をします。一般の方や、アマチュア選手などのケアを行います。

⑦ORC(治験コーディネーター)

治験(臨床試験)に関わる仕事です。指定された病院内で、患者さんと直に接して、治験内容の説明や不安や心的負担を軽減するための相談相手をします。

被験者の方への、身体的・精神的なケアやサポートをするのがメインです。

⑧クリニカルコーディネーター

医療機器メーカーなどで働く看護師です。さまざまな呼び方があるようですが、定義づけはされていません。

効果的な診断や治療が行えるようにDr.やナース、患者さんに専門的な情報提供を行ったり、医療機器メーカーに専門的な情報を提供したりします。

⑨高齢者向け施設

介護老人保健施設(老健)、介護老人福祉施設(特養)、居宅介護支援事業所
社会福祉施設、介護付き有料老人ホーム 、グループホームなどで働きます。

入所(入居)している高齢者の方々へ看護を提供します。施設によって入所(入居)できる方の重症度(要介護度)が違います。
施設によっては専門的な医療処置や看取りも行います。

⑩在宅看護(訪問看護)

在宅で療養する利用者の自宅を訪問し、医療行為や看護ケア、時には介護的ケアを提供します。ご家族様、介護サービス事業者、訪問診療を行う医師、地域の入院施設がある病院、自治体などと幅広く連携する必要があります。

3.職場別の平均年収(一般求人情報を元に試算)

下記は概算の年収になりますが、地域や規模、年齢、経験により年収は変わります。おおよそのご参考にしてください。

病院 530万

診療所 490万

介護施設 490万

産業看護師 560万

在宅看護 550万(医療機関)

その他 460万

 

4.まとめ

私の知る限りでは看護師さんの年収は320万円~1000万円くらいまで年収幅があります。
月に150万円ほどの給与を稼いでいた看護師さんも知っています。

また、ダブルワークも少ないとは言えないのではないかと思います。
その中でも比較的に給与が安定しているのはやはり、病棟看護師さんだと思います。
夜勤があるかないかで給与が大幅に変わるのではないでしょうか。大変ですからね。

日勤・中勤・夜勤をローテーションでするとリズムもくずれやすくなります。
標榜科目・病院よっては休みの日に研修が頻繁にあるところもあります。

給与はそこそこに、お身体を大事にしながら、素敵な看護を継続してほしいと願っています。

全国の看護師さん、ファイトです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。